Just another WordPress site

エグゼクティブが求められ

飲食業界における転職で、エグゼクティブが求められる場面を想定する

市場の動きとして、特に飲食業界については活況な状態が続いています。海外へ進出する店舗なども多くなっており、将来的なヴィジョンにも広がりを見せつつあります。

飲食業界への転職を図る場合にも、店長クラスなどのエグゼクティブが求められる傾向も見られます。マネジメント経験などが1年でもあれば、採用の可能性もあります。応募の条件についても、売り手市場の傾向が認められますので、転職を考えている場合には、現在が好機であるともいえます。業界の特徴としては、現場での対応力が重視されます。マネジメント経験が少しでもある場合には、畑が違ったとしても、可能性が大きく広がっています。飲食業界に転職する場合、エグゼクティブとして考えられる場面としては、現場においては店長候補などのマネジメント関連があります。マネジメントを長く経験してきた人の場合には、転職当初から店長としての役割を与えられる場合もあります。エグゼクティブ待遇の場合には、特に給与面での待遇が良いケースなどもあります。

最近では、海外で日本食が受け入れられている事が多くなっており、飲食業界での出店も増えています。日本人スタッフに限らず、外国人スタッフを統括するなどが求とめられる事もあります。場合によっては、開店前から現地で準備に追われる場合などもあります。飲食業界では、マーケティング部門でのエグゼクティブを求めているケースも増えています。現場での経験がなくても、マーケティング部門の経験があれば、業界の特色を掴んで、経歴を活用していく事ができます。

マーケティング部門の場合には、集客や売上を上げるための戦略を明確にしていく事になります。エグゼクティブとして転職する場合であっても、短期的な結果が求められる場合もあります。転職する場合には、ある程度求人先の情報を収集しながら、戦略を練って面接に望むなど工夫してみる事をお奨めします。実力が全ての世界では、過去の経験・実績は自ら活用する様にしてください。エグゼクティブとして、飲食業界に転職する場合、どの様な職種であっても、現場、与えられた内容をある程度統括していく事が求められます。まとめる能力が問われると同時に、現場で必要な事を素早く読み取る能力も必要になります。

エグゼクティブの場合には、新規事業立ち上げなどの場面で人材を求めている事はよくあります。新規の立ち上げの場合には、多少のバックアップなどがあっても、始まりは必要経費の赤字からのスタートになります。安定した売上を出し、固定客を掴む必要性などもあります。オープン前のリサーチなどを重ね、十分な準備と共に、作業に従事する様にしてください。