Just another WordPress site

飲食関係への転職

飲食関係への転職に有利な志望動機とは

飲食関係の仕事への転職を考えている場合には、前職の職種によって志望動機を変えると、採用率が高まる傾向があります。
というのも、前職も飲食関係の仕事をしていた場合ならば、ある程度仕事の内容にも想像がつきます。
そのため、前職のスキルを活かした志望動機を述べることで、即戦力とみなしてもらえることが多いのです。
逆に飲食とはまったく関係のない仕事からの転職のならば、教わる姿勢を前面に出したい志望動機が有利となる傾向が強くなるのです。
こうした基本を踏まえた上で志望動機を絞るようにすると、転職がうまくいく可能性が高まります。では、具体的にはどんな志望動機が良いのかというと、飲食経験者ならば接客に関する動機が好まれる傾向があります。

「料理が好き」や「料理が得意」といった料理関係の動機の人も多いのですが、実は料理よりも接客を重視しているところは多いのです。
というのも、お客様あっての職業である上に、接客には向き不向きがあるからなのです。
これは調理専門としての転職の場合も同じです。
お客様の立場に立って料理を行える人を求める傾向は強いのです。
ですので接客に関する動機を持つ人は、比較的優遇されることが多いといった統計も出ています。まったく違った職種からの転職の場合には、「何が好きか」や「何が苦手か」をみられることが多くあります。
具体的に言いますと、例えば「人と話すのは好きか」や「料理をするのは好きか」といったようなことです。
人間というのは好きなものほど上達しやすいものですので、こうした好き嫌いは重視される傾向にあるのです。
特に「人と話すのが好き」というのは、飲食関係では大きなアピールポイントとなります。
ですので「接客によって人との接し方を学びたい」といったような、人と関わることに関する動機は、好印象を与える傾向があるのです。このような志望動機で好印象を与えたとしても、一筋縄ではいかないのが飲食関係です。
というのも人間相手の職業だけあって、そこにプラスαが必要になるからなのです。
それは第一印象です。
誰しもムスッとして印象の悪い人には、接客をしてもらいたくはありません。
ですので、最大のポイントは笑顔となります。
緊張で顔が強張ってしまっていたとしても、笑顔を作ることは大切です。
ですので志望動機を述べるときには、笑顔を絶やさないことが、転職を成功させる鍵とも言えるでしょう。
つまり動機と笑顔が揃って初めて、採用に一歩近づくのです。