Just another WordPress site

メールのやり取り

飲食業界に転職する場合のメールのやり取りを考える

求人の方法については、業界によって違いなども見られます。最近では、アナログな方法に加えて、パソコンなどのデジタルツールを利用したやり取りなども増えています。飲食業界などにおいては、店舗情報をweb配信しているケースも多く、求人の場面でメールを使用する店舗も多くなっています。

飲食業界への転職を図る場合にも、メールでのやり取りなどを実施する事があります。ある程度の基本的なマナーなどはありますので、留意しながら転職活動を行ってください。閲覧についてはどの様な形でも自由ですが、返信をする場合には、パソコンからの返信が原則となります。飲食業界へ転職する場合、様々な場面が想定されます。居酒屋、チェーン店、ホテル等、いくつかの場面があります。特に正社員として応募する場合には、メールであっても、一般企業の場合と同じ様に、失礼のない文面を作成する必要がります。

メールの場合の基本的な考え方としては、求人側にとって手間を掛けない事を中心に考えます。求人側にしてみれば、何十、あるいは何百という応募者の質問等に応じている場合もあります。就職先に対する質問は、確かに多くなりがちですが、できるだけ整理して、簡潔な内容を送信する様に心がけてください。飲食業界への転職時に、メールでのやり取りをする場合、簡潔に内容をまとめる、自分の名前を明記する事は、大切なポイントになります。例えば、件名は、一瞬で用件がわかる事を目的にしています。簡潔な件名と自分の氏名を明記しておけば、企業側からしてみても、人物の間違いを防止する事ができます。求人を出す側にとってみれば、多数の応募者に対し、数をこなして質問処理などを行っていく必要がある点を考慮する様にしてください。

これは、自分に当てはめてみるとわかりますが、多数の着信案件を読み切るだけでも、時間や手間が掛かります。飲食業界では、1日の開店時間が売上に大きく関わります。分担制であっても、各人が時間に追われた作業になっている事は多くあります。転職におけるメール質問の場面でも、一般の文面であるお世話に成ります、などの文言は不要になります。但し、応募当初については、丁寧な文面は必要になります。2回目以降については、

不要な飾りは避けながら、丁寧語などははずさない様にして、文面を構成していってください。
また、応募をする際においては、自分のアピールをする場面についても、簡潔でわかり易い文面を考えて、送信する様にしてください。